料理研究家土井善晴さんの柚子りんごレシピ

P1230388.JPG明るい笑顔が人気の料理研究家土井善晴さんはテレビにも良く出演して美味な料理の数々を紹介されています。

以前テレビ出演された際には日本料理はたった二つの食材で式を表現できるとおっしゃっていました。

その土井善晴先生の料理への柚子の使い方は見事です。

柚子特有の香りや味覚、そして栄養まで見事に生かし切っていらっしゃいます。

この記事では土井善晴さんの柚子を使った柚子リンゴレシピを紹介します。

柚子リンゴ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ふだんの料理がおいしくなる理由 [ 土井善晴 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2017/1/23時点)



柚子もリンゴも秋冬が旬ですね。

たった二つの食材の味覚と香が見コドに生かされたレシピです。

・材料

リンゴ 1個

柚子  1個

砂糖  大さじ 1~4の好みの甘さにします。

        砂糖少なく目で後から蜂蜜をかけてもおいしいです。


・作り方

1.リンゴの皮をむいて4等分にします。

 くし形に薄くカットします。

2.柚子果汁を絞って柚子種を除きます。

 柚須皮から袋を除去して、柚子皮を千切りにします。

3.絞った柚子果汁と柚子皮の千切りとカットしたリンゴを一緒にして、砂糖を入れて混ぜます。

 屋外にしばらく放置してなじんだらいただきます。

なんてシンプルなレシピなのに美しくて、おいしいくて美しいデザートなんでしょう。

正に季節感あふれる一品です。

柚子栄養分と機能性成分を丸ごと生かす柚子リンゴ

P1230394.JPG

非加熱なので熱に弱い栄養分であるビタミンCとビタミンEと酵素が生きています。

熱に弱い機能性成分ナリンギンやヘスペリジンも生かされています。

柚子の健康食材としての良さがフルに生かされている一品です。

クエン酸とビタミンCをたっぷりとって疲労回復にベストです。


柚子リンゴの味覚アップ


美味しいです。

柚子の皮は丁度よい硬さです。

噛むと柚子特有の風味と香りが口の中で広がっていきます。

大さじ2杯の砂糖で作りましたが軽い酸味を感じる程度なのでベストの配合だと思います。


更にアカシアの蜂蜜をかけていただくと

リンゴと柚子の風味が強くなって素材の味が一段とおいしくなりました。

リンゴと柚子皮を食べた後に残った、シロップと少々の柚子皮にお湯を足して飲みました。

リンゴと柚子と蜂蜜の風味が上品にミックスしたおいしさは柚子茶を超えますね。

上品な和風美人をいただいているようなやさしい味覚のホットドリンクです。

贅沢な旬のデザートになりましたね。

なんといってもリンゴ1個と柚子一個を丸ごと全部あっという間に

食べてしまったのには驚きです。